So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2012年03月 |2012年04月 ブログトップ

SIGMA sd1 merrillの撮影素子は! [SIGMA sd1 merrillの撮影素子]

SD1 Merrill 17-50/2.8 キット

SIGMA sd1 merrillの撮影素子は、モノクロームセンサーに、
カラーセンサーを配した一般的な設計!

シグマのデジタルカメラ以外の、ほぼすべてに搭載されている一般的なイメージセンサーは、
「カラーフィルターアレイセンサー」と呼ばれます。

これらは、光を取り込むセンサー自体が、
そのままでは色情報を取り込むことができず、
光の強弱だけを取り込むモノクロームセンサーなのです。

ですから、フォトセンシングを行う1画素相当のフォトダイオードの上に、
光の3原色である赤・緑・青(RGB)を市松模様状に配したカラーフィルターを置いて、
各画素あたり1色のみの情報を取り込むしくみになっています。

つまり、1,500万画素のカラーフィルターアレイセンサーであれば、
その全画素を、G(緑)を取り込む750万画素、
B(青)とR(赤)を取り込む各375万画素に3分割して色を取り込むことになります。

もちろんこのままではRGBが市松模様状に広がる奇妙な写真になるため、
各画素で失われた他の2色、
つまり、G(緑)を取り込んだ画素は、
隣接するB(青)とR(赤)を取り込んだ画素からそれぞれの色情報を取得して、
色補間処理と呼ばれる後段の処理によって、
最終的な写真に仕上げるというシステムをとっています。


>>>SD1 Merrill 17-50/2.8 キット


ではなぜ、B(青)とR(赤)は、それぞれ全画素の1/4しか割り当てられないのに対し、
G(緑)の画素のみが全体の1/2を占めているのでしょうか。

その答えは視覚のメカニズムにあります。

人間の眼は、この緑に相当する波長領域に対して最も感度が高く、
それゆえに、解像度情報をこの波長領域から得ているのです。

人間の視覚特性でより細部まで見えるのは、緑色なのです。

つまり、より多くの画素で緑の情報を取り込み、
視覚感度が比較的低い青と赤は少なめでよいという思想のもとにつくられています。

比較すれば感度が低いとはいえ、
人間の視覚が確実に感知している青と赤の色情報と、
緑で取り込んだ輝度情報との間には差があり、
結果、生成された画像において、
色解像度と輝度解像度に差異を生じさせています。

ここが弱点であり、正確に正しく写真を取れない理由になっています。


>>>SD1 Merrill 17-50/2.8 キット


そこで、sigma(シグマ)独自のダイレクトイメージセンサーの登場になるわけです。

ダイレクトイメージセンサーは、表層部から順に短い波長の光を吸収し、
深層部ほど長い波長の光を吸収する特性をもっているシリコンの特性を利用して、
各フォトダイオードごとに、表面近くからB-G-R(青-緑-赤)の順にすべての光を取り込みます。

色を水平方向に分離して取り込むのではなく、
垂直方向に取り込む点では、
基本的にカラーフィルムと同じ構造を持っています。

つまり、1,500万のピクセルロケーションを持つダイレクトイメージセンサーであれば、
レンズを通して撮像素子に運ばれてきた光から、
1,500万すべてのピクセルロケーションで、
RGB(青緑赤)の3原色をそのまま取り込めることを意味します。

ですから、撮像素子で色情報を取り込む際に、
ピクセルロケーションをRGB(青緑赤)各色の配分で分割する必要もなければ、
それによって、後段の処理で光情報を造ったり捨てたりする必要もないのです。

フルカラーキャプチャシステムで生成された画像においては、
原理的に色解像度と輝度解像度の差が生じ得ないのです。

実際には、デジタルカメラで撮影される被写体は、
色情報を含んでいる場合が圧倒的に多いため、
「自然な描写力」という点において、
色解像度と輝度解像度に差がないということは、
極めて重要な要素であるとシグマは確信しています。

さらに、一般的なカラーフィルターセンサーは、
RGB(青緑赤)の干渉によって、
この偽色の発生を発生させてしまいますが、
被写体と関係ない色を削ってしまうため、
本来の解像度やシャープネスを損なってしまします。

sigma(シグマ)の独自のX3ダイレクトイメージセンサーは、
そのローパスフィルターが存在しないので、
いや必要ないので、いかに被写体の本来の解像度やシャープネスに
すぐれているかご理解いただけると思います。


>>>SD1 Merrill 17-50/2.8 キット


さらに、ローパスフィルターによって削られた色が不足しているため、
本来の正しい色に戻すことは不可能です。

そんな問題もsigma(シグマ)のX3ダイレクトイメージセンサーによって、
本来の被写体の色を正確に捕らえ画像にしてくれます。


SIGMA sd1 merrillの購入は、
こちら↓


タグ:SIGMA SD1 Merrill
nice!(0) 
共通テーマ:アート

SIGMA sd1 merrillで得られる創作意欲! [SIGMA sd1 merrillで得られる創作]

SD1 Merrill 17-50/2.8 キット

SD1 Merrill 17-50/2.8 キットには、
半導体開発の最先端、シリコンバレーで技術革新と洗練を重ねたセンサーが、
採用されています。

そして、精巧で誠実なものづくりを本領とする日本のメーカーとしての、
自社一貫生産方式による内製へのこだわり。

先進のテクノロジーと、妥協なき職人魂によって生み出されるクオリティを、
SD1 Merrill 17-50/2.8 キットのあらゆるところに、
しかも細部に実感していただけると思います。

SD1 Merrill 17-50/2.8 キット
目の醒めるような衝撃的なまでの画質は、
きっと、撮り手の心を動かし、観る者の胸を打つことでしょう。

シグマの情熱と信念をそのまま具現化した、
SD1 Merrill 17-50/2.8 キットによって撮られたその写真が、
ひとりでも多くの写真家にとって、
新たな創作意欲をかきたてるきっかけになれるのなら、
つくり手であるsigma(シグマ)にとって、それは何よりの喜びです。

写真家である、あなたが、
創作意欲をかきたてるような
SD1 Merrill 17-50/2.8 キット
手にしてみませんか!

SIGMA sd1 merrillの購入は、
こちら↓

タグ:SIGMA SD1 Merrill
nice!(0) 
共通テーマ:アート

SIGMA sd1 merrillはsigma(シグマ)の思想を具現化! [sd1はシグマの思想を具現化]

SD1 Merrill 17-50/2.8 キット

SD1 Merrill 17-50/2.8 キットは、
仕様こそごく普通の一眼レフカメラでありながら、
中判カメラ(ブローニーフィルム)に匹敵する解像感をもった描写力を持っています。

・立ち上がるような臨場感、
・濃密で豊潤な質感をもったリアリティのある「画づくり」  は、
撮影者に内在する感性を呼び覚まし、
新たな表現欲求を刺激するだけの力をもっています。

そして、唯一無二の存在感を示すSD1 Merrill 17-50/2.8 キットの最高画質を自身で
体験したいとお考えのすべての方々に、心おきなく手にとっていただけるよう、
性能・仕様はそのままにあらゆる困難を克服して量産を実現したのが、
SD1 Merrill 17-50/2.8 キットです。

SIGMA sd1 merrillの購入は、
こちら↓


タグ:SIGMA SD1 Merrill
nice!(0) 
共通テーマ:アート

SIGMA sd1 merrillは、シグマの思想を形にした。 [SIGMA sd1 merrillのシグマ思想]

SIGMA sd1 merrill 最安価格

SD1 Merrill 17-50/2.8 キット

SIGMA sd1 merrillは、シグマの思想を形しただけでなく、
デジタルカメラのあるべき姿を形にしました。

sigma(シグマ)独自のFoveon X3ダイレクトイメージセンサーは開発当初より、
その独特の立体感や臨場感に定評がありました。

「感動画質」とも称されてきた、その場の空気感まで写し込むような、
えも言われぬ質感は、SD1 Merrill 17-50/2.8 キットで大きな革新を迎えます。

センサーサイズの拡大で画素数は約3倍増。

キャプチャシステム本来のピュアでリッチな画質に、
画素数アップによるケタ違いの解像感が加わったことで、
驚異的な階調表現と色再現が可能になったのです。

正真正銘の「最高画質」を知らしめたそのインパクトは、
これまでのデジタルカメラの画質観を覆すとともに、
これからシグマが目指そうとしている

「あるべき写真」


「理想のカメラ」
の方向づけを明確にしています。



SIGMA sd1 merrillの購入は、
こちら↓

タグ:SIGMA SD1 Merrill
nice!(0) 
共通テーマ:アート

SIGMA sd1 merrillの基本思想 [SIGMA sd1 merrillの基本思想]

SIGMA sd1 merrill 最安価格

SD1 Merrill 17-50/2.8 キット

SIGMA sd1 merrillの基本思想!

時は一瞬!
画像も一瞬!

あなたの記憶にすら残らない一瞬がある。

その一瞬の真なる写真を、
それはかけがえのない瞬間を、
目の当たりにした光景を、永遠に残すことができるもの。

誰しもが持っている豊かな感情や強い意思を表現し、共有することができるもの。

写真にとって最も大切なものが画像キャプチャシステムであるとシグマは考えてきました。

なぜならば、写真とは「真実を写しとる」ものであり、
カメラは写真を撮るためのツールなのです。

写真の本質を追求することは、
キャプチャシステムの原理を究めることにほかならないと確信しているからです。

一方で、

「デジタル画像技術はもはや成熟し、これ以上の技術革新は期待できない」という指摘もあることは、
シグマは承知していますが、あえてこれに異議を唱えています。


>>>SD1 Merrill 17-50/2.8 キット


実際、写真にとって最も重要な画像キャプチャシステムについては、
一般に普及しているデジタルカメラは、ほぼ同じ路線をとっており、
その基本的なテクノロジーは、デジタルカメラの誕生以来変わっていません。

しかし、「真の高画質を生成する」というポリシーを形するために、
シグマが考える、まったく新しい基軸によるダイレクトイメージセンサーの開発を続け、
シグマが製品化し続けるこの画像キャプチャシステムと、
その生成プロセスにこそ革新と進展の余地があると考えてきました。

sigmaは、ひとつのピクセルロケーションで、
縦方向3層でRGB全色を受け止めて色を再現する
「フルカラーキャプチャシステム」に依拠した、
Foveon X3 ダイレクトイメージセンサーを採用している唯一のメーカーとして、
一貫してその開発・改良に取り組んでいます。

「よい写真が撮れる」という本質に向かって、まっすぐに切り込んでいくアプローチは、
写真と真摯に向き合いたいと考えるシグマにとって何よりも大切なところなのです。

そんなsigma(シグマ)の想いを形にしたデジタルカメラこそが、
SD1 Merrill 17-50/2.8 キットなのです。

SIGMA sd1 merrillの購入は、
こちら↓


タグ:SIGMA SD1 Merrill
nice!(0) 
共通テーマ:アート

-|2012年03月 |2012年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。